補給食はうどん

ロードバイク関連の話題とか練習法、イベント、レース参戦記、どうでもいいこと等書いていきます。 香川県高松市在住。

中華パワーメーター xcadey X-POWER  3か月間使用してのインプレ!

 久しぶりの更新です。秋以降、更新が滞っておりました・・・。

書きたいことはたくさんあって脳内には出来上がっている状態です。少しずつですが書いていけたらと思います。さて、今回は2017年9月に購入した、中華パワーメーターことxcadeyの3か月間使用インプレを書きたいと思います。購入当初の詳細については

maton1981.hatenablog.com

を参照ください。

 

1.  3か月間xcadeyを使用しての感想

1-1 使用時間・距離と電池持ちは?

アクティビティーの統計(野外実走と3本ローラー)

GARMIN CONNECTよりエクスポートしました。f:id:maton1981:20171229190949j:plain

中華パワーメーター使用において一つだけ問題点がありました。稀に外れ値をはじき出してしまうという点です。最大パワーを見てもらえたらわかるように2595Wって・・・。ちなみに、”パワーについて考える – でぃーくんのおうち”によると、

【2010年のツール・デ・フランドルでのカンチェラーラSRMデータ】
最大パワー 1,450 W(17.7W/kg)
平均パワー: 285 W(3.5W/㎏)

走行時間: 6′ 22”

となります。自分自身がカンチェラーラの2倍近くのパワーを出せるとも思えないので明らかに外れ値だと考えられます。ただ、走行中に表示されることはなく、走行後にデータを振りかえってみているときに散見されるので、実走行においてはなんら弊害はありません。
1-3 電池の蓋は大丈夫だったか?

中には3Dプリンターで蓋を自作した方もいらっしゃったようですが、私の場合は特に問題なく使えてました。
1-2 パワーはGARMIN EDGE520に正確に表示されているか? 

問題なく表示されていました。下記は実走でヒルクライムした時のデータとローラーでパワトレした時の結果です。
f:id:maton1981:20171231100452j:image


f:id:maton1981:20171231100315j:image

2  STAGES POWER(左クランク装着型)と比較しての感想

利便性で言うとスマホアプリからキャリブレーションファームウェア更新のできるSTAGESが良いかと思います。パワー表示に関しては体感上ですが、大きなズレは内容に思われます。単にサイコンへパワーを表示したい、パワトレ始めてみたいが値段が高くて躊躇している…、といった方にはxcadeyは使用に耐えうるものであると考えられます。

結論

とりあえずパワトレしてみたい、興味があるという人は手始めに中華パワーメーターを。ガチな方はパイオニアやSTAGES、ガーミンも視野に入れてもいいのではないでしょうか。ではまた!